ペットを買わずに、家族として受け入れる方法

保護動物の譲渡情報をチェックしてみる

ペットを飼いたいと思った時に、ペットショップで購入するのが一般的ですが、保護動物の里親になるという方法もあります。犬や猫の里親は、常時、各自治体の動物保護施設や、民間の愛語団体などで、募集しています。保護動物は、一般に獣医さんが健康状態を確認して譲渡するので、安心して飼うことができます。ハンディキャップのある動物などの場合は、普通の家庭での飼育が可能という判断されたものが、状態をきちんと告知して募集されるので、納得のうえで譲り受けることになります。

責任を持って飼えない人には譲られない

里親としてペットを引き取るときは、通常は無料で譲り受けますが、それまでにかかったワクチン代や不妊や去勢の手術代などを請求されることもあります。また、引き取るためには、満たさなければならない条件が提示されます。条件は、各団体によって違いはありますが、共通していることとしては、まず、身分証明書などの提示が求められます。そして、責任を持って飼い続けることができるという意志の確認をします。また、飼う場所が確保されていること、集合住宅や賃貸住宅の場合は、飼ってもいいという証明書が必要なこともあります。一般に民間団体の方が厳しく、単身者や高齢者には譲渡できないというところもあります。

家族になれるか、トライアルしてみる

本格的に飼い始める前に、トライアルという制度を実施していることも多くあります。ペットとの相性を見極めたり、ペットと暮らすということがどんなものかを体験して、飼えるかどうか判断できる制度です。これは、保護団体側でも判断しているので、里親希望者が飼いたいと思っても、環境や飼育状況などから、譲渡できないと判断されるケースもあり、トライアル中は、保護団体に帰属している状態です。無事にトライアルがすむと、正式に譲渡されることになります。

子猫販売なら神奈川の店舗にお世話になることで、専門のブリーダーの助言を受けながら、ペットの上手な飼育方法について一から勉強をすることが可能です。